画期的な糖尿病の治験(治療薬、DPP?4阻害薬)

糖尿病の治験で最近注目を集めているのが、このDPP?

4阻害薬というものです。

さてこのDPP?

4とはなんなのでしょうか。

これは簡単にいうなら分解酵素だと思っていただければよろしいです。

さてこれを説明する前に先にインクレチンという物質についての説明をしないとなりません。

このインクレチンは要するにインスリン関係だと考えてください。

体内にこのインクレチンが投与されることにより、膵臓からインスリンが出てきて血糖値は正常に戻ります。

但しこのインクレチンはDPP?

4によってすぐに分解されてしまうのです。

そうすると、インスリンの効き目は弱くなります。

そこで開発されたのがこのDPP?

4阻害薬というものです。

この薬品はインクレチンを分解しようとするDPP?

4の働きを阻害することにより、インクレチンの効果を劇的に高めたのでした。

しかしながらこうして考えてみれば糖尿病の治験も時代をおうことに進化していってるのがわかります。

このインクレチン製剤は経口薬でして、注射するより高い効果が出てるという事ですので、これからの糖尿病治療は楽に行えると言うことがわかります。

糖尿病の治験においての考察によりますと、インクレチンという物質の種類は大きく分けて2つ有ります1つはGLP-1と言いましてグルカゴン様ペプチド?

1というホルモンです。

消化管に入った炭水化物を認識し消化管粘膜上皮から分泌されるようです。

膵臓からのインスリン分泌を促進させるホルモンです。

もうひとつはGIPといいます。

これはグルコース依存性インスリン分泌刺激ポリペプチドと言いまして、これもインスリンを促進させるホルモンであるといえます。

これらのホルモンは通常DPP?

4により速やかに分解されてしまいます。

考えてみれば私達の身体は色々な物質に?

左右されているのがわかります。

そうです糖尿病治療の根本はこの物質の連携を取り戻すことが大事であると言えるでしょう。

実は血糖値を上げてる原因は膵臓だけではなかったということがわかります。

そんなことがわかるサイトはこちらになります。

糖尿病の治験モニターになるにはここをクリック

今後も進化する糖尿病の治験に期待できますね。

今では、ホルモンのコントロールさえ可能となり、益々糖尿病治療の枠が拡大してきたように感じます。

この調子で行くと近い将来糖尿病は撲滅されていることでしょう。